グラスフェッドビーフってご存じですが?bf商品は全てオリジナル!!

おはようございます。ビフです。

突然ですが、オーストラリア産牛肉には2つの種類があるのをご存じですか。

・牧草だけで育ったグラスフェッドビーフ(牧草牛)

・牧草で育った後、穀物を食べさせて脂が入ったグレインフェッドビーフ(穀物牛)

bfキレイでは、両方を採用しているのですが、特に珍しいのが牧草牛のステーキとローストビーフです。

一般にローストビーフというと穀物牛を使用しているところがほとんどだと思います。なぜなら牧草牛は、調理がとても難しいので、固くなるおそれがあるからです。

私たちは約1年かけて、手作り、無添加、小分けパック、など細かいオーダーを受け入れて頂けるシェフを探し、塩の量、小分けの仕方、お肉の柔らかさ、など相談した結果、今のbfアイテムに辿り着きました。

牧草牛を仕入れることも中々難しく、まして、牧草牛でローストビーフを作ってくださるシェフは、経験と腕に自信、それにチャレンジ精神がないとできないため、今お願いしています岡部シェフには感謝しかありません。

bfアイテムはどれもbfでしか買えないものなのですが、特に牧草牛を採用しているところが、他のローストビーフと違うbfの特徴です。

もちろん穀物牛も美味しいですので、食べ比べて頂いて、肉肉しいのがお好みなら穀物牛、さっぱりサクサク食べられるのがお好みなら牧草牛がおすすめ。

またレシピや日によって食べ分けたいか、などお好みがあるかと思います。まずは両方お楽しみ頂ける「アンチエイジングセット」「バラエティ定期便」をお勧めしております。牧草牛と穀物牛の両方が楽しめるbf人気No.1の商品です。

今年こそは5ー10年後の健康を考えて、bfキレイ始めてみませんか。ご質問、ご相談はお気軽にお問い合わせくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です